オリゴ糖の特徴と役割

標準

人の消化管(小腸から大腸)には、消化・吸収を促進して体の健康を維持する「善玉菌」と、病気の原因になったりして体に悪い影響を及ぼす「悪玉菌」の腸内細菌が常在しています。腸内細菌の総量はほぼ決まっていて、つまり善玉菌が多くなると悪玉菌が少なくなり、善玉菌が少なくなると悪玉菌が多くなるという関係性でバランスが成り立っています。

腸内環境を整えるというのは、善玉菌と悪玉菌のベストなバランスでいることを指します。しかしながら、食生活が乱れやすい現代社会においては、不摂生やストレス、生活習慣から悪玉菌が多くなる状態になりやすい傾向にあります。

なんとこの善玉菌にエサとして最適なのがオリゴ糖なのです。オリゴ糖とは糖類の一種ですが、砂糖とは異なり消化吸収されにくい為、善玉菌のエサとなりやすい糖類として一躍有名になりました。善玉菌が増えて活性化すれば悪玉菌は弱って腸内環境改善に役立ち、便秘も解消されるというしくみです。

またオリゴ糖には便の腐敗を遅らせたり、ミネラル吸収を助けたり、免疫力アップなどの効果もあります。体にとって、オリゴ糖は便秘に効くだけではなく、健康な状態を保つ様々な役割が期待できます。薬ではない為、調味料の1つとして摂取できるのも嬉しいですね。

関連HP[私の便秘は解消しました。]
オリゴ糖を利用した便秘解消の体験談サイトです。